発達障害情報館~発達障害の症状や相談窓口~
うちの子は少し成長が遅いかもしれない。これは発達障害なの?
発達障害、自閉症、って聞くけれど・・・まだよく分からない。
どこに相談したらいいのかも・・・。まずは発達障害の基本的な事から理解しましょう。

スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

発達障害情報館~発達障害の症状や相談窓口~TOPへ スポンサー広告 コメント:-

発達障害情報館~発達障害の症状や相談窓口~

発達障害情報館~発達障害の症状や相談窓口~

「うちの子は発達障害かもしれない?」「うちの子は発達障害らしい」こういう段階が一番お母さん、お父さんは不安でいっぱいです。
「少し成長が遅いかな?」「アレ?言葉をしゃべらないなぁ?」「何で呼んでも振り向かないの?」などなど成長の過程で出来るようになるはずだった事ができない。
お父さんやお母さんの戸惑いや不安は計り知れないんです。でも、子供達は少しずつでもキチンと成長しているので、焦らずゆっくりと、チョットだけ個性のある子供と向き合っていきましょう。
大きな愛で包んであげましょう。
発達障害情報館では、発達障害の基礎的な知識や情報、発達障害の子供を持つ方々が参加できるイベント、発達障害の相談窓口などを掲載していきます。

スポンサードリンク
スポンサーサイト

発達障害情報館~発達障害の症状や相談窓口~TOPへ 発達障害情報館 コメント:0

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群では、自閉症とほぼ同じ特徴が見られます。自閉症と異なる点は、言葉や認知的な発達においては特に目立った遅れは見られないということです。
アスペルガー症候群という診断名がついたからといって、アスペルガー症候群の全ての人が同じではありません。1人1人が異なる特性を持っているという事をまず理解すべきでしょう。そして、1人1人にあった支援をしていく必要があります。短所を直すのではなく長所を伸ばすよう心がけましょう。

■アスペルガー症候群
アスペルガー症候群(アスペルガーしょうこうぐん、Asperger syndrome: AS)は、興味・関心やコミュニケーションについて特異であるものの、知的障害がみられない発達障害のことである。「知的障害がない自閉症」として扱われることも多いが、公的な文書においては、自閉症とは区分して取り扱われていることが多い。精神医学において頻用されるアメリカ精神医学会の診断基準 (DSM-IV-TR) ではアスペルガー障害と呼ぶ。対人関係の障害や、他者の気持ちの推測力、すなわち心の理論の障害が原因の1つと考えられている。特定の分野への強いこだわりを示したり、運動機能の軽度な障害も見られたりする。しかし、カナータイプ(伝統的な自閉症とされているもの)に見られるような言語障害は、比較的少ない。引用元:ウィキペディア

スポンサードリンク

発達障害情報館~発達障害の症状や相談窓口~TOPへ 発達障害・自閉症 コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。